メモの取り方で仕事が変わる

メモ帳を使い分けないこと

仕事のジャンルによってメモ帳を使い分けるのは、効率の悪い方法です。
困ったことが訪れた時に、すぐメモを見て解決できるように準備してください。
大事なことを全て1冊のメモ帳にまとめることで、調べたいことを探しやすくなります。
自分のメモを見ることで、新商品のアイデアなどが思い浮かぶかもしれません。

イラストを描ける人は、もっとわかりやすくメモできるように描いてください。
すると後から見返した時に、その時に言われたことやアイデアをすぐに思い出せるので仕事が円滑に進みます。
イラストは、大きく描くことがポイントです。
小さいと何が描いてあるのかわからないので、意味がありません。
字も大きく書いた方が、読みやすくなるでしょう。

大事な部分を目立たせよう

メモ帳を見返した時に、真っ黒だと何が大事な部分なのかわかりません。
見にくいメモになってしまいます。
見やすいメモにするためには、カラーペンを使うことをおすすめします。
特に重要な部分を、赤いペンで書くと目立つのでわかりやすいです。
蛍光ペンで囲むのも良い方法なので、筆記用具の中に入れておきましょう。

またメモをする時に、日付を書いておくと良いですね。
前日から間が空く場合は、少し空間を開けてください。
するといつ取ったメモなのかすぐわかるので、必要な情報を探しやすいです。
線を書いて、区切ってもいいでしょう。
メモすることに必死になって、見にくくならないように注意してください。
自分のためになるメモを心がけましょう。


この記事をシェアする